NHK(日本放送協会)で若者向け番組モニターを毎年募集しています

NHKオンラインNHKと言えば、受信料を払って見る放送局ですよね。相撲とかオリンピックとか子ども向け番組とか、ニュースも頼りになります。

余談ですが、なんと我が家では、テレビがまだデジタル化されていません。現役で活躍しているのは24年物のブラウン管アナログテレビです。どうやってテレビを見ているのかというと、ケーブルテレビのデジアナ変換放送で見ることができるんです。猶予はあと1年ぐらいですかねー。

という訳で、せっかくNHKの受信料を払っているのだから、番組モニターでお小遣いを稼いでみましょう~。

【スポンサーリンク】

NHKの若者向け番組モニターとは

NHKでは毎年、18歳から29歳の方を対象とした番組モニターを募集しています。

NHKで放送している若い人向け番組のなかで、NHKが指定した番組(1ヶ月に10本程度)を視聴し、意見や感想を携帯電話、パソコン、タブレット、スマートフォンで送ります。

委嘱期間は2期に分かれており、前期(4月から9月)と後期(10月から翌年3月)の6ヶ月間。いずれかの期の採用となります。応募には、指定番組のリポート(300字以上400字以内)を提出してください。応募原稿は返却されません。

◆委嘱料 1ヶ月10,000円(指定番組が10本未満の場合は、減額されます)
◆募集人数 前期125人後期125人、合計250人
◆応募締切 毎年2月上旬
◆応募資格 18歳から29歳の男女。NHKプレミアム会員ならびに家族限定
(NHKの受信料を払っていない方は対象外のようです)

詳しくはこちら
NHK若者向け番組モニター


【スポンサーリンク】